トップ > 北海道・東北
北海道・東北 関東 北陸 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄 海外

北海道・東北のゴルフ場

北海道クラシックゴルフクラブ

北海道勇払郡安平町早来富岡406 (最寄高速道路:道央自動車道千歳)

北海道クラシックゴルフクブは、史上最高とも言われるゴルファー、ジャック・ニクラスが自らの故郷をイメージして設計した、傑作として名高い名門コースです。北海道勇払郡に広がる高低差約8mのフラットな林間タイプのコースは、1991年6月8日に開場し、全18ホールで総距離は7,059ヤードにおよびます。当クラブへのアクセスは、車で道央自動車道・千歳ICより約18kmです。クラブハウスは、総檜造りのログハウスで、あたかも別荘であるかのような温かみのある空間を演出しています。自然光をふんだんに取り入れたレストランでは、北海道ならではの大地や海の恵みを存分に堪能できる食事に舌鼓を打ち、檜の香りに包まれるバスルームではプレー後の疲れを心地よく癒すことができます。各ホールでは、それぞれの実力に合わせてプレーが楽しめるよう、使用するティーにより難易度を大きく変えることができます。 注目の名物ホールは、グリーンの手前と左サイドをハザードの池がしっかりとガードしているPar3の17番で、ミドルかショートの正確なアイアンショットが試されます。さらに、ジャック・ニクラスらしい趣向が凝らされた8番では、大きめのグリーンがバンカーによって完全にガードされているうえ、グリーン自体がアンジュレーションによって二分されており、2パットでのパーを取りに行くのは至難の業です。11番はドラコン推奨ホールのひとつで、ティーショットで距離をのばして左側のラフを越え、グリーン右手の深いバンカーを気にせず、左側からグリーンを攻めることがスコアメイクのコツです。ゴルフ場内には、生芝からのショットができる全長300ヤードのドライビングレンジに加え、ショートゲームの練習もできるアプローチ専用グリーンもあり、入念な調整に最適です。「ビバレッジ・カート」が導入されているため、ラウンド中の休憩時にドリンクや軽食も気軽に楽しめます。

予約カレンダークチコミコースガイド

弟子屈カントリークラブ 摩周湖コース

北海道川上郡弟子屈町原野419-61 (最寄高速道路:道東自動車道阿寒)

丘陵コース。弟子屈町の平野部から摩周湖へと登りかけるところに立地していて、ホールの大半はフラットで北海道らしい風物にとり囲まれた雄大な造型。また丘陵地にかかるあたりの数ホールは両サイドが樹林でセパレートされた林間風の趣で、こちらもそれなりの自然美が盛り込まれている。フェアウェイはそれぞれ広めにとられていて、ガードバンカーの少ないグリーンは大きく、スコアメークはやさしそうだが、平野部のホールでは樹林が少なくてまともに吹きつけてくる風の判断を誤まると意外に苦戦します。

予約カレンダークチコミコースガイド

泉国際ゴルフ倶楽部

宮城県仙台市泉区根白石字花輪山1 (最寄高速道路:東北自動車道仙台宮城)

”ゆったり””ゆたかに””豪快に”豊かな気分で一日を楽しめるゴルフ本来の味をぜひあなたの元に・・・。昭和52年開場の名門。仙台市内から15km郊外の泉ヶ岳の麓の丘陵地にある、高低差の少ない林間コースです。開設以来、”本当のクラブライフ”を打ち出しており、競技する場と憩いの場が一体化し、名門ならではの落ちついた雰囲気と豊かな気分で一日を楽しめます。コース入り口にあるメタセコイヤの並木道を通れば、自然と気分が高まります。 コースは、ティーグランドよりピンが見えるフラットで広々としたフェアウェイに豪快なフルショットが楽しめます。かなりの正確さを要求するホールもあり、攻略にも面白みが感じられます。 大切な方と、爽やかな自然の中でゴルフの魅力を満喫してください。

予約カレンダークチコミコースガイド

釧路カントリークラブ

北海道阿寒郡鶴居村字下幌呂)

林間コース。全体が美しい林に囲まれたフラットなコース。東コースはフェアウェイに点在する白樺がショットの行方に微妙に影響を及ぼす。西コースは適度なアンジュレーションがあり、また造形的にも美しい。フェアウェイに3つの池がある11番ホール、谷越えの17番ホールが印象的だ。両コースとも距離がたっぷりあって手ごたえがある。

予約カレンダークチコミコースガイド

宮古カントリークラブ

岩手県宮古市崎山4-86-3 (最寄高速道路:東北自動車道盛岡南)

宮古市にある、岩手県唯一のシーサイドコース。 複雑に入り組んだリアス式海岸を巧みに取り入れたコースレイアウト。 INコースの12番ホールは、名物の海越えショートホールとなっている。 シーサイドコースの魅力を存分に詰め込んでおり、眼下に太平洋を望みながらのダイナミックなショットを楽しむことができます。ティーグランドからの景観を是非一度体験して下さい!

予約カレンダークチコミコースガイド

グランディ那須白河ゴルフクラブ

福島県西白河郡西郷村大字熊倉字雀子山3 (最寄高速道路:東北自動車道白河)

★クチコミ 総合評価4.6点 ★『ダンロップ・スリクソン福島オープン』5年連続開催【お知らせ】 ・10月平日の予約受付開始しました!フェアウェイもベント芝で日本でもトップクラス! 巨匠ロバート・T・ジョーンズ・シニアが日本で唯一設計したコースで「生涯最後の設計コース」でもあるプロトーナメントコース。女子プロトーナメント「リゾートトラストレディス」を3年連続開催した戦略的なチャンピオンコースで 国内に数十コースしかない「ベントグラス」のフェアウェイを採用した27ホール。芝の管理は国内に約80名(2008年度)しかいない「芝草管理技術者一級」取得者がグリーンキーパーの責任者として従事。ダンロップ・スリクソン福島オープン優勝者 2014年度 第1回大会 EAST→SOUTH 小平 智 プロ 2015年度 第2回大会 EAST→SOUTH プラヤド マークセン プロ 2016年度 第3回大会 EAST→SOUTH 時松 隆光 プロ 2017年度 第4回大会 EAST→SOUTH 宮本 勝昌 プロリゾートトラストレディス優勝者 2005年度 第13回大会 EAST→SOUTH 川崎 充津子プロ 2006年度 第14回大会 WEST→SOUTH 中田 美枝プロ 2007年度 第15回大会 EAST→SOUTH 上田 桃子プロ

予約カレンダークチコミコースガイド

北海道ブルックスカントリークラブ

北海道苫小牧市字植苗437 (最寄高速道路:道央自動車道苫小牧東)

平成28年7月5日[火]~8日[金] 2016年度(第101回) 日本アマチュア選手権競技開催!平成28年8月30日[火]~9月1日[木] 2016年度(第50回) 北海道オープンゴルフ選手権競技開催!新千歳空港からたったの15分♪ 札幌からお越しの場合は新千歳空港ICから10分♪6年連続トーナメント開催コース 2013年~2016年北海道オープンゴルフ選手権開催 2011年~2015年札幌オープンゴルフ 2013年ハンダカップ(シニアトーナメント) 2012年北海道アマ決勝開催 2011年皇潤クラシックシニアトーナメント 丘陵コース。アウトは大きな針葉樹の中で自然の地形そのままのうねりが特徴。全体に思いのほかOBラインも近く戦略性の高いホールが多い。8番はフェアウェイが左から右に傾斜していてスライスは禁物。9番はバンカーがないかわりに第3打が湿原越えとなる。インは林間・丘陵のアウトとは趣きを一変する。視界が開けオタルマップ湿原の中に脈々とコースが連なる。フェアウェイは狭くはないが、左右に大きくブレるとボールが湿原に消えてしまう。プレッシャーに負けずに正確なショットを心がけることが肝心。特に15番。ティ右前の池を気にして左へ打つとセカンドから木立がブラインドになってグリーンを狙いづらい。

予約カレンダークチコミコースガイド

札幌ゴルフ倶楽部 由仁コース

北海道夕張郡由仁町光栄588 (最寄高速道路:道東自動車道追分町)

札幌ゴルフ倶楽部 由仁コースは、名匠として知られる井上誠一の設計による1974年8月開場の名門ゴルフコースで、北海道プロゴルフ選手権など公式競技会の会場ともなっています。北海道夕張郡由仁町の丘陵地帯にあり、北海道ならではの雄大な景色を堪能できます。車でのアクセスは、道東自動車道・追分町ICから20km以内で、鉄道ではJR室蘭本線・由仁駅にて下車し、駅から車で約10分のところにあります。全18ホール、総距離7031ヤードを誇り、広めのフェアウェイとその曲線美に加え、適度なアンジュレーションが魅力の戦略性に富む風光明媚なコースです。とくにインコースでは、両サイドの美しい白樺松が特徴的です。また、グリーンは大きめながら、比較的攻略が難しいうねりがあるため、慎重なパッティングが求められます。250ヤード20打席の練習場が併設されており、プレー前のコンディション調整に利用できます。ドライビング・コンテスト推奨ホールは3番と15番です。3番はグリーン手前の40ヤード付近にある距離感が難しいバンカーの攻略がスコアメイクの秘訣となり、15番は左側に3つの池があるためフェアウェイをやや右狙い、第2打目から続く軽めの左ドッグレッグは起伏に合わせてクラブを選択していくことがポイントです。池越えのショートホール7番では、ピンより手前を狙った正確なティーショットでバーディも狙えます。やや打ち下ろしのショートホール17番では、風向きにより結果が大きく左右されやすいため、とくに強烈なアゲンストのときには慎重に距離感を見極める必要があります。

予約カレンダークチコミコースガイド

札幌国際カントリークラブ 島松コース

北海道北広島市島松49-5 (最寄高速道路:道央自動車道北広島)

札幌国際カントリークラブ 島松コースは、1963年に 菅谷直氏が設計し北広島市島松に開場した、道内初の株式会員制ゴルフコースです。過去には「札幌とうきゅうオープン」などの男子プロトーナメント、2006年からは女子プロトーナメント「meiji cup」が開催されています。A、B、Cの各コースは、ならや白樺などの深い自然林でセパレートされており、日々の喧騒を忘れてプレーに集中することができます。A、Bコースの特徴は、適度なアップダウンがあり、斜きを計算した攻略が必要となります。中でも難易度の高いAコース6番ホール「おんこ」は、セカンドの距離が残りやすい上にグリーンまで気が抜けない設計となっています。Cコースはフラットで広々したグリーンが特徴です。全てのホールが異なる表情を持っており、初心者からプロまで幅広く楽しめる林間コースとなっています。 また、250ヤード・22打席の練習場も用意されています。クラブハウスは広々としており、落ち着いた雰囲気のレストランで名物の笹寿司やザンギ、ジンギスカンなどのメニューが楽しめるほか、200名まで対応したコンペルームを利用することが可能です。タクシーの場合、札幌駅からは50分、新千歳空港からは35分でアクセスすることができます。

予約カレンダークチコミコースガイド

アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース

北海道北斗市柳澤323-1)

眺望がよく解放感あふれる丘陵コース。バックからは7000ヤードを超す。全体に距離があり、豪快なショットが楽しめる。 各ホールとも異なった戦略性があり攻略のしがいがある。12番は正面に広がる海と函館山に向かって打っていく。 IPからの先はフェアウェイが2段になっており、それがグリーンまで続く。右サイドから攻めるのがベストルート。 15番はティ左から沢が大きく切れ込み、その先グリーン手前100ヤードには谷が横切っており2オンを狙うか手前に刻むか判断を迫られる。

予約カレンダークチコミコースガイド

免責事項

当サイトのリンク先でのいかなるトラブルに関しても、検索エンジン クラブサーチでは一切責任を負いません。予めご了承ください。

【楽天市場】人気商品